ルワンダの名作ホテルを知っていますか?

19世紀末までに、ルワンダ人の運命を根こそぎ変える一大事件が起きているが、まさに1884年のベルリン会談で、この地域をドイツ帝国の領土に国際社会(…と書いて帝国主義列強と読む)が勝手に宣言してしまったのだ。 年、ドイツ総督フォンゲッチェンが率いるドイツ軍がところに入ってきて、ドイツの支配が始まる。

ドイツは、その地域を直接支配しようとしているのではなく、いくつかの列強と同様に、ピジベ民族の分裂を引き起こして独立運動を未然に遮断する方法を書くことにしました。そのために、当時の地域の貴族をトゥチ族(Tutsi)、平民をフツ族(Hutu)に区分、すなわちルワンダ人に彼らは実際に民族ではなく、異なる民族という思想を注入し、優れた民族 城)ツチ族に利権を広め、手先を出すか弾丸受けで打ち出す方法を使用することになる

以後、第一次世界大戦が起きると連合国側に立ったベルギーがコンゴからここを侵攻して占領し、ドイツが敗亡し、完全にこの地域を得たベルギー帝国は、既存の政策をさらに強化し、ツチとフツの差別を厳格にし(その前にはツチ/フツ区分が概ね貴族/平民の区分とフツラも誰でも能力があればツチとして認められて ベルギーが民族性の云々で勝手に禁止し、フツインを残酷に弾圧し始める)、ツチ人を再び手先で立ててフツインとツチを苦しめながら植民地支配を強固にすることになる(余談で映画の導入部でベルギーのツチ/フツ区別法の話が出てくるのに、キーや肌色(…)を基準にまくり。 共有したという不合理な基準の話が出てくる。骨傷学や血液型の性格説など、科学や人種差別に反対する方が類似科学の扱いを受けた時代だったので、そうしよう。)

しかし、千年万年行くだけだったベルギーの暴圧的な支配は、第2次大戦を経て枢軸国、連合国を問わず、世界中の帝国主義列強がすべて手を握って没落し、ルワンダにも独立の希望が見え始め…しかし、この植民地支配の亡霊が、最終的に行く道忙しいルワンダ国民の足首を握るが、まさにこのツチ – フツ差別 問題だベルギーが崩壊し解放されたとき、ツチ人(人口の約10〜15%)は突然ベルギーの反民族行為者としてブランド化され、ツチ人は平和的で迅速な政権移譲を通じて彼らの権利を守ろうとしたが、ベルギーの支配下で抑圧されたフツイン(人口の80〜85%)はこれを無視できなかった。 1959年、ベルギーとツチに対して、大規模な独立闘争(ルワンダ革命)を展開する。革命当時、フツ独立軍は主にツチの管理を攻撃し、ツチ人が難民に転落する事態が起きると、ベルギーにはいつそうしたようにツチ人を土砂抗し(…)、突然国民投票(…)を通じてツチ族王朝を廃止し、1962年にルワンダ共和国の独立を認めて飛び出してしまう(…)。

状況がこのようになると突然公共の敵になってしまった闘歯人は、隣接するウガンダ、ブルンジ、コンゴなどに脱出して反乱を組織、武装闘争に出るようになり、新生ルワンダ共和国(とブルンジ共和国。ブルンジは、웹하드순위 実際には、ほとんど同じように、別の方法で流れましたが、独立と同時に、強姦の農民や植民地支配の残党のために内戦に巻き込まれる悲しい運命を迎えます。

ルワンダの最初の大統領としては、フツ独立運動の指導者だったグレゴアール・カイバンダ(1924-1976)が執権したが、ツチイン処理問題で軍と対立した末、1973年超強硬派ジュベナル・ハリマナ(1937-1994)がクーデターを起こし政権を奪う。ハリマナは、最初はツチ族に油絵本を伸ばして一瞬内定を安定させるように見えたが、執権後半には独裁を強固にするためにツチインを残酷に弾圧し、最終的に内戦が再発する元凶になってしまう

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다