アシスト一発が自分の役割を果たしたと思う

ウェストハム·ユナイテッドのホームスタジアムロンドンスタジアムにはキックオフ前に「I’m forever blowing bubbles」という応援歌と共に数百~数千個のシャボン玉が登場する。 これはウェストハム湾の伝統であり文化だが、幼い頃に見た映画『フーリガンス』以来、久しぶりの光景だった。



しかし、それらのシャボン玉はすべてライバードによって爆発してしまった。스포츠중계 ハマーズのシャボン玉は思ったほどしっかりしていなかった. 今シーズン歴代級の好成績を挙げているウェストハムだったが、ロンドンに来ると、なかなか無敵のフォースを誇っていたリバプールの前ではなすすべがなかった。 (実に今季はロンドンのクラブチームを相手に成績(6勝1分け)がよい。)



月曜日深夜1時半の試合だったが、決して後悔しない試合だった。 勝利の喜びが疲れをいやしてくれたからだ。 霧がふわりと舞い降りたロンドンスタジアムでの試合を、幸せな回路を回しながら複記してみる。

先発ラインアップに若干の変化が生じた。 DFにはナダニエル·フィリップスが、FWにはディボク·オリギとジェルダン·シャキリが久しぶりに先発に出た。 MFはベイナルドゥムが3線に配置されてボールを供給する役割をし、ティアゴとミルナーが旺盛な活躍ぶりでMF全地域をカバーした。 もちろん、3人のMFたちはたまにスイッチングをしながらハーフスペースを攻略する動きを見せたりもした。



リバプールは強みの側面攻撃を通じて相手を攻略した。 特に、左サイドを生かしてウェストハムのDFドーソンとクーパーを苦戦させた。 リバプールのフルバックが側面を持続的に攻略すると、ウェストハムはこれを防御するため、守備に重きを置くしかなかったが、攻撃手まで守備に加担するようになり、攻撃展開に困難を来たした。 また、リバプールはウェストハムを持続的に圧迫することで、ウェストハムのパスタイミングを殺すなど、攻撃のテンポを無力化させた。



思ったより見るものがなかった前半戦で目立ったのはリバプールのDFナダニエル·フィリップスだった。 フィリップスは守備的な安定感、ボールの競合、制空権、クリアリングまでウェストハムの攻撃陣、特にアントニオを相手に数回優位を見せ、前半戦を無失点で抑えるのに貢献した。 フィリップスは前半期、ウェストハムとの対決にも先発で出て良い活躍を見せたが、ロングボールを駆使するチームを相手に良い相性を見せるフィリップスの強みをキャッチして先発に立たせたクロップ監督の眼目と知略が、大変なものに感じられた。

リバプールはMFの機動性とハーフスペース攻略の精巧さが落ちると、早い時間に交代を断行した。 ベテランのジェームズ·ミルナーがアウトになり、有望株カーティス·ジョーンズが入ってきた。 ここで面白いハプニングが起こったが、早い時間交代に疑問を示していたミルナーは、ジョーンズが投入されて1分も経たないうちにゴールに関与すると、照れくさそうに笑いながらクロップ監督を訪ねてハギングした。 ミルナーの その まなざしを 忘れることができない(笑)



後半55分、カーティス·ジョーンズが右サイドに出したボールをサラがコントロールし、相手のペナルティーボックスの中に入った。 サラは相手DF2人を前に左足を巻き込んでシュートを放ち、ボールは放物線を描きながらゴールポストの中に吸い込まれた。 本当にサラらしいゴールだった。 サラはクリスタルパレス戦以後、リーグ6試合無得点を破ると同時に、リーグ14号ゴール、4シーズン連続20ゴール突破という大記録を達成した。



ウェストハムは失点直後に交代に踏み切り、守備ラインを上げるなど、雰囲気を変えようとした。 制空権に強みがあるだけに、コーナーキックの場面のようなセットピースを作って同点ゴールを狙おうと思った。 しかし、後半67分、ウェストハムのコーナーキックを奪ったリバプールが素早いカウンターを展開して追加ゴールを決めた。 アーノルドが左サイドを横切って走るシャキリにロングパスをし、シャキリも前方にいるサラにノンストップでロングパスをした。 サラは右足を見事にトラップし,左足で軽くゴールポストにけり込んだ. まったく感嘆詞を連発するほど、なんと逆襲スペシャルでしか見られない素晴らしいゴールシーンだった

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다